【釣行記】南伊豆沖磯、下田地磯

2023/11/25
今日は、南伊豆の沖磯に青物を狙って釣行してきました。
南伊豆の沖磯は、カンパチ、ヒラマサ、ブリなどの青物が釣れることで有名な釣り場です。

今回の釣行は、釣り仲間3人で行きました。前日は結構荒れていてダメもとで行ってみましたが、船長のご厚意もあって何とか沖磯に渡していただけました!
そこそこ荒れており、水温も20℃近くあったため大物に期待して釣り開始です🎣

私は、ジギングでカンパチを狙いました。しかし、アタリは全くありません。周りの釣り人も、あまり釣れていない様子です。

結局、この日はルアーでは全員ボウズで終わってしまいました。
ルアーの合間に、ぶっこみ釣りをしていた友人はアカハタを数匹釣って良いお土産をゲットしていました。

ボウズは悔しいですが、南伊豆の美しい景色を眺めながら、仲間と楽しく釣りをすることができたので、満足しています。

ボウズでも楽しい

釣りには、ボウズはつきものです。釣れない日でも、自然の中で過ごす時間は、とてもリフレッシュできます。

また、ボウズを経験することで、釣れた時の喜びがより大きくなります(笑)

釣行情報

  • 場所:南伊豆沖磯
  • 日時:2023年11月25日
  • 天候:晴れ
  • 潮:中潮
  • 水温:20℃
  • 釣果:ボウズ

使用タックル

  • ロッド:コルトスナイパーリミテッドS104XH/PS
  • リール:ツインパワーSW14000XG
  • ライン:PEライン 5号
  • リーダー:120LB

まとめ

南伊豆の沖磯釣行は、ボウズでしたが、とても楽しい一日でした。次回こそは、ボウズを逃さないように、しっかり準備をして釣行したいと思います。

シェアよろしくお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です